​大会の歴史

横浜慶應チャレンジャーは2007年から学生主体の運営で開催を始め、2020年大会で第11回目を迎えました。女子大会も2017年から開催しており、毎年多くの選手が慶應義塾大学日吉キャンパス蝮谷テニスコートに集まり、レベルの高い試合を繰り広げます。

過去にも鈴木貴男選手、ジョン・ミルマン選手、ダニエル太郎選手、杉田祐一選手、内山靖崇選手などグランドスラムでも活躍をしている数多くの有名選手が優勝を果たしています。

これからも関わるすべての人が希望を持てるような大会づくりを目指して参りますので応援の程、宜しくお願い致します。

男子

第10回大会(2019)

​ダブルス   シングルス

女子

第3回大会(2019)

​ダブルス   シングルス

第2回大会(2018)

​ダブルス   シングルス

第1回大会(2017)

​ダブルス   シングルス

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube